HOME > 治療方法 > 通院 > ラミシール(テルビナフィン内服)

ラミシール(テルビナフィン内服)

019

もう一つの内服薬で治す方法は、ラミシール薬を用いての治療法です。

真菌を殺菌するお薬であるラミシールを1日1錠、6ヶ月間内服する方法です。他の薬剤との相互作用がないため、他の薬剤を飲んでおられても内服できる点がパルス療法で用いたイトラコナゾールと異なる点です。

ただし、やはりこのお薬も副作用があり、肝機能障害や血小板減少が100人に1人程度確認されています。そのため、イトラコナゾール内服パルス療法では必須とされていなかった血液検査が、このラミシールの場合は、飲み始めの2〜3ヶ月間は月に1度、必ず血液検査をしなければなりません。

 

治療期間と費用の目安

治療期間はおよそ6ヶ月が目安となっています。月1度の診察や爪水虫の検査費用、それに血液検査の総額は、診察費は各病院によって異なりますが、3割の自己負担で総治療費は25,000円前後が相場だと言われています。

 

総評

このお薬における完全治癒率は80%程度と言われており、大多数の患者を完治に導くには十分な結果を出しています。しかし、身体への負担はイトラコナゾール内服パルス療法に比べて低いというものの、やはり肝臓などへの副作用が少なからずあるので、ご心配な方は、主治医の先生にご相談ください。

 

こちらの記事もあわせてどうぞ。

Leave a Reply

*