HOME > 爪水虫を知る > 基本情報 > 爪水虫とは

爪水虫とは

007

症状について

爪水虫。正式な名称は爪白癬と言います。水虫の原因菌でもある白癬菌が、爪の中に住みついてしまう病気です。

症状としては、まず爪の一部が白濁色や黄色っぽく濁った色になり、進行すると濁った部分が拡大し、爪が厚くなっていきます。爪に筋が出る場合もあります。厚くなった爪は、ポロポロと崩れ落ちやすくなり、ひどくなると剥がれてしまうのが、爪水虫の特徴です。

爪には神経が通っていないので、痛みや痒みは感じません。そのため、何も治療を講じない方が多いのが爪水虫という病気なのですが、何も治療せずに症状を進行させると、最終的には爪が変形し、剥がれ、爪の周囲に炎症が生じ、靴を履くことすら痛くなるため、歩行も困難となってしまいます。

爪水虫は、ある日、突然、全ての爪になることはありませんが、放置していると次々と他の指の爪にも感染していきます。また足だけでなく、手にも発症しますので、爪の異変を感じられ、爪水虫だと分かったら、早急に治療を開始することが、何よりも重要となります。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

Leave a Reply

*