HOME > 爪水虫を知る > 爪水虫の怖さ > 自然治癒しない病気です

自然治癒しない病気です

icatch_image007

初期の段階の爪水虫は、自覚症状としての痛みやかゆみがないため、ある程度悪化してから発覚するケースが多い病気です。爪水虫は、人間が本来持つ免疫で自然治癒ができる病気と違い、一度感染すると自然治癒しません。そのため感染して放置するとゆっくりと症状が悪化していきます。爪水虫は、治療が遅れれば遅れるほど難治性が高まるので、早期発見、早期治療がとても重要だと言えます。

 

こちらの記事もあわせてどうぞ。

Leave a Reply

*